自作PC

パソコンを自分で組み立てる自作PC|メリットやデメリット

パソコンを自分で組み立てるのって難しいの?

市販されているパソコンと比べたら費用は安く済むの?

初めて自作PCを作ろうとしている人には様々な疑問がありますよね。

事前にメリットとデメリットを知っておけば楽しくPC作りができる思います。

自作PCのメリットとデメリットについて考えてみよう!

自作PCのメリット

自分の思い通りのパソコンが作れる

まずはメリットから、何と言っても最大のメリットは「構成が自由にできる」ところです。

ドスパラやマウスコンピューターなどのBTOパソコンを扱うお店で購入すれば、ある程度の要望には応えてくれますが、自分で作る場合は完璧に自分の思い通りです。

使用するパーツ選びはもちろんのこと、SSDを取り付ける場所や配線の通し方など、すべて好きなようにできます。

「予算が少ないので中古のCPUでいいや」

「高性能のグラボが安く売っている所を探して購入しよう」

販売店ではできないようなことが自作PCならできるんです。

柔軟性が高くなる

自分で作ったパソコンなので、使用していて不満な点があればパーツを交換して改善することもできますし、パーツを付け加えて機能を増設することもできます。

パーツの新製品が発売されたときなども、パーツを買い替えるだけでパワーアップできるのでパソコンの寿命は長くなります。

パーツを使い回せる

現在使っている自作PCが古くなってスペック不足になり、新たにパソコンを作ろうとしたときにパーツを流用することができます。

マザーボードやCPU、グラフィックボードは新調しなくてはならなくなるかも知れませんが、ケース・電源ユニット・HDD・SSDなどは次のパソコンに使えます。

2台目の自作PCからは費用が格段に安くなります。

自作PCのデメリット

メーカーサポートが受けられない

自分で組み上げたパソコンですから当然サポートはありません。

画面が映らない、突然シャットダウンするなどのトラブルに見舞われても自分で解決するしかないのです。

業者に依頼すると莫大な費用がかかってしまいます。

知識が必要になる

パソコンを組み上げること自体は決して難しくありません。

決められたパーツを決まった場所に取り付けていくだけの作業なので、簡単なプラモデルが作れる程度の指先の器用さがあれば大丈夫です。

ただ、パソコンが組上がってからOSやドライバーをインストールしたり、BIOSを設定して細かい指示を出したりしなくてはなりません。

それなりの知識を持っていないと挫折することもあるでしょう。

組み立てに時間がかかる

難しい作業ではないにしろ、やはり慣れている人でもかなり時間はかかります。

個人差はありますが、1時間や2時間で組み立てられる物ではないんです。

丸1日、人によっては数日、数週間かかってしまう場合もあると思います。

組み立てが好きな人には、まったく苦にならないのでデメリットにはなりませんが…

自作すれば安く上がるの?

自作PCを作るに当たって、かかる費用は誰もが気になる点だと思います。

近年はBTOパソコンもかなり安く購入できるようになりました。

「パソコンを自作するんだったらBTOパソコンを買ってしまった方が安い」と言う人も多いですが、私はそうは思いません。

自作PCはパーツを買い集めるところから始まります。今すぐにパソコンが欲しい人は別ですが、パーツの価格が下がるタイミングを狙って購入できます。

売り出しやセールが開催されるまで待ったり、場合によってはヤフオクなどで中古品を選んで費用を抑えることも可能です。

作り方にもよりますが、自分でパソコンを作った方が費用は安く済みます。

結局は自作PCって、こだわり過ぎて費用がかさんでしまうんですけどね…

まとめ

自作PCを作るメリットやデメリット、たくさんありましたが、最終的にはパソコンを組み立てていて楽しいか楽しくないかだと思います。

楽しければ最大限にメリットは活かされデメリットは気になりません。

逆に楽しくないのであればデメリットばかりが目に付いてしまいます。

損得うんぬんでも作ってみたいと思えるのであれば自作する価値は十分にあります。

是非チャレンジしてみてください。