メンテナンス

グラボ シロッコファン【分解・清掃】簡単なメンテナンスの仕方

グラフィックボードも数年使用しているとメンテナンスが必要となってきます。

ファンやヒートシンクにホコリが付着し冷却効果が下がってくるからです。

今日は、ちょっと難易度が高めのシロッコファンが付いたタイプのグラフィックボードを分解して内部を清掃します。

グラボ(シロッコファン)

こちらは今回分解するゾーテックのGTX970です。

2年くらいメンテナンスなしで使用してしまったせいか、ファンにホコリがびっしりと付着してしまいました。

シロッコファンってホコリがたまりすぎると目詰まりを起こしてしまいます。空気をまったく吸わない状態になるので早めにホコリを除去しておきたいですね。

分解・清掃開始

プレートを外す

最初にコネクターを固定するためのピンを外します。

これを外さないと側面のプレートが取れませんし、カバーを開けることもできないので一番最初にする作業になります。

ラジオペンチなどで緩めることができるので4本すべて外してください。

ただ、ラジオペンチでつまむとピンにキズが付いてしまうんです。

キズが気になる人や、いずれはグラボの売却を考えているような場合は布を噛ませたり小型のスパナを用意するなどの準備が必要ですよ。

ピンを4本取ったらグラボの裏面にあるプレートを止めているネジを外します。

プレートはネジ1本で押さえてあります。

これでプレートが外れました。次は、いよいよ本体のカバーを開けます。

ここから先、意外とめんどくさいので、ここまでの作業で嫌になってしまった人はプレートを外した所から見えるヒートシンクにエアーをかけて終了って手もありです。

ヒートシンクのホコリを取るだけでも大分違うよ。

シロッコファンにも同様にエアーをかければ、それなりにきれいになります。

カバーを外す

さて、本体のカバーは裏面にあるネジをすべて外せば開きます。

ちょっと説明がおおざっぱですが、とりあえず手当たり次第裏面のネジを外していってください。

裏面のネジをすべて外したら側面にあるネジ2つを外します。

上記写真は手順を間違えてしまい、側面のネジを外す前に中の基板を取り出してしまった状態です。

側面のネジを外さなくても基板は取り出せるのですが、引っ掛かって出しづらいので先に側面のネジを外しておきましょう。

裏面のネジすべてと側面のネジ2つを外したら、裏面の基盤を押さえながらグラボを表面に戻します。

カバーが外れ中が丸見えになりました。注意してほしいのが、基盤右上にある黒い線です。

あれはファンの線なんですが、基盤側のコネクターにつながっています。

カバーを無理に引き離してしまうと線が切れるので、カバーを基盤のすぐ近くに置いてコネクターを抜いてください。

ヒートシンクの清掃

これで内部の清掃が可能になりました。

ヒートシンクを外すとGPUが見えます。組み立ての際にはグリスをきれいに拭き取り新しいグリスを塗ってくださいね。CPUグリスで大丈夫ですよ。

まずは、ヒートシンクをきれいにしましょう。ホコリがびっちり詰まっています。

エアーできれいにホコリを除去してもいいのですが、時間がある場合は水でジャブジャブ洗ってしまいましょう。エアーより格段にきれいになります。

ファンの清掃

次は問題のファンです。

何が問題なのかと言うと、このシロッコファンってホコリを取り除くのがすごく大変なんですよね。

カバーと分離させたシロッコファンを見てみます。

ホコリで目詰まりをおこしています。これが悪化するとファンが空気を取り込めず、GPUをまったく冷やせない状態になってしまいます。

PCが突然落ちたりする原因のひとつになるんですよ。

このシロッコファンなんですが、中心部が金属でできています。できれば水洗いをしたくないですよね、万が一があります。

多分大丈夫だとは思うのですが、水洗いする場合は自己責任で。

私はビビりなんで水洗いは避け、地道にホコリを除去しました。

そして綿棒でホコリを除去している最中に気づいたのですが、歯ブラシを使うとそれなりに楽です。

あくまでも「それなり」ですけどね。結構時間がかかる作業ですが、がんばって清掃してください。

シロッコファンの分解・メンテナンスの仕方

軸を出す

はい。ここからは上級者編です。

シロッコファンが時々止まるとか異音がするなんて人はシロッコファンを分解してメンテナンスします。

シロッコファンの裏面のスポンジのような所の中心部をマイナスドライバーなどでこすってください。

やわらかいビニールっぽい部分が現れました。

この部分にはシロッコファンの軸が隠れています。丁寧に扱ってくださいね。

やわらかい部分をカッターで切り取ります。

ぶっちゃけ表面のスポンジは削らなくても切り取れると思うのですが、スポンジがあるとやわらかい部分がよく分からないんですよね。

自信がある人は直で切り取ってみてください。

シロッコファンの軸が出てきました。

なんかスポンジがぐちゃぐちゃで見栄えが悪いんですが、最終的には見えなくなる部分ですから気にせずに進みます。

ワッシャーを外す

軸部分はこうなっています。

軸にベアリングが入っていて、それをワッシャーで押さえてあります。

このワッシャーを外してシロッコファンをばらします。

ワッシャーをピンセットで広げて外すと…

見えますか?

上記写真中央の小さいリングがシロッコファンのベアリングです。

ベアリングが2つとスプリングが入っています。

ベアリングにたっぷりオイルを塗ったら、今度は逆の手順でグラボを元に戻せば清掃完了です。万能オイルで大丈夫です。

 

GPUにグリスを塗るのを忘れずに!

 

「シロッコファンが回らない」なんて不具合のときはオイルを足したくらいじゃ良くならないことが多いです。

似たようなベアリングがホームセンターに売っています。新しいベアリングに代えるか、ヤフオクなんかで中古のシロッコファンを購入して交換するのも良いでしょう。

まとめ

シロッコファンタイプのグラボはメンテナンスが面倒です。

でも、熱気をPCケースの外に出してくれるので小型のPCを作るのには必要不可欠のグラボですよね。

しっかりメンテナンスして長く愛用してくださいね。

本日は以上!